医師に相談

足のマッサージ

顔にしみができると、実年齢よりも老けて見られてしまう可能性が高くなります。
多くの場合、紫外線の影響で生じたメラニン色素が沈着してこの症状が起こるのですが、一度できてしまったしみをセルフケアで消すのはほぼ不可能です。
ですので、できれば症状が発生する前から予防策を講じておくようにするのが一番なのですが、日焼けしたからといってすぐにしみができるわけではないので、なかなか切迫感を感じません。
ほとんどの人が顔に症状が現れてから初めて真剣に対策を講じようとします。
ただし、先程も述べた通り、セルフケアで症状を改善するのはまず不可能ですので、美容外科クリニックの治療を受けるようにするとよいでしょう。
美容外科クリニックに行けば、ビタミンCイオン導入やフォトフェイシャルなど、痛みがほとんんどない方法で治療を受けることができます。

美容外科クリニックで行われている肌治療は、健康保険の適用を受けることができません。
放っておくとがん化する可能性のあるホクロを除去する治療を受けるような場合であれば、例外的に保険の適用を受けられる可能性があります。
しかし、悪性化する心配のないしみを消す場合などは、費用を全額自己負担することになります。
そのため、決して安いとは言えない費用がかかることになりますが、効き目があるかどうか判然としないエステサロンのフェイシャルエステに費用をつぎ込むよりは、むしろお得だと考えることもできます。
クリニックによって料金設定に差がありますが、フォトフェイシャルの場合であれば、1回につき3~5万円前後の料金設定になっているケースが多いです。